​MEMBER

IMG_6727.jpg

​TATSURU HATTORI

T-DESIGN代表。幼少より釣りを始め、高校時代からは振出ルアーロッドの作成に勤しむ。大学進学後は建築工学を専攻する傍ら、自作の振出竿で世界各国の魚を釣り歩く中で、建築で用いられるデジタルファブリケーションと釣具の相性に可能性を見出す。藤沢釣具・三島社長との出会いを経て起業を決意。6年以上かけて培った振出ロッド製作の経験と建築デザインの知識を注ぎこんだプロダクト開発に邁進する。YouTubeチャンネル「Telescopic Rod Craft」では、市販振出ロッドの改造方法を発信している。

第50回DAS学生デザイン賞 金の卵賞

建築新人戦2017 Best16

住宅課題賞2017 入選


%E4%B8%89%E5%B3%B6%E3%81%95%E3%82%93%EF%

​KATSUMI MISHIMA

今から約40年前、多様なキャリアを経て培った先見の目を活かし、レジャーブーム到来を見据えて釣具店を開業。関東随一の売上を築くも、大型釣具店の台頭を見るや一般釣り用品販売からは手を引き、コアなアングラーの要望に応えるロッドビルディング業にシフトさせる。以降自社独自のブランク生産ラインを活かし、マグロやモロコ等の巨大魚と闘うためのSグラスを筆頭に、藤沢釣具でしか生み出せない数々の製品を世に送り出してきた。T-DESIGINを技術、経営面からサポートする。